年越しサントピア男子ダブルスからの新年ミックスダブルス大会へ

日記

新年明けましておめでとうございます!

今年も応援よろしくお願いします!(はたしてインターネットでこのブログ読んで応援してくれてる人いるのか?)

 

年末はサントピアテニスクラブの第5回310Shop杯男子ダブルス大会に参加。

ペアはトップスピンで一緒に練習している早稲田大学体育会出身のAくん

残念ながら、リーグ戦1-64-6で決勝トーナメント進出ならず。

コンソレーションも1-4で負けてしまい、2017年最後の試合は3連敗勝ちなしで幕を閉じた。

 

初戦はジュニアあがりの二人の安定したストロークに押されてしまいチャンスらしいチャンスが来なかった。

Aくんがかなりいいボールを打ち込んでも難なくライジングで打ち返してきて、

うまいな~、ポーチにでれないな~。

と思ってるうちに試合はどんどん進んでいった。

勇気を出して、もっとポーチに出るべきだった、と思う。

このレベルの相手になるとボールが来るのを待っていても来ない。

一歩動いて手が届きそうなところにも来ない。

真ん中まで動いてやっとボレーができる。

ボールの勢いに怖気づきポーチに出なかった結果、前衛にいるときほとんどボールに触れなかった。

なさけない・・・。

後日、録画したビデオを見返してみると、相手の2人、特に帽子のほうはポーチにでるとき真ん中まで来ていた。

試合中はわからなかったけど、打つ前に動いてる。

ダブルスのネットプレーってこういうことか。

勇気を出してポーチに出よう。そして、届いたボールは決めれるボレーの技術を身に着けよう。

第5回310Shop杯男子ダブルス大会 予選リーグEグループ第1試合

 

 

2戦目は慶応大学体育会の4年生。

1人はともかく、もう1人は大学生からテニス始めたっぽかったんでやりようはあったはずなのにチャンスボールのボレーをミスしてしまい取れるゲームを落とす。

チャンスボールは確実に決めないと。

ただでさえチャンスはなかなか来ないんだから・・・。

第5回310Shop杯男子ダブルス大会 予選リーグEグループ第2試合

 

コンソレはサントピアのコーチとその生徒のペア。

この試合からポリエステルガットが45ポンドで張ってあるラケットを使うのをやめて、トニックが50ポンドで張ってあるラケットを使う。

飛びが抑えられて振り切れるようになった。

自分らしい粘りのプレーを出せるようになったけど、あと少しのところでゲームが取れない。

 

後日Facebookに掲載された結果によると、

リーグで惜敗した慶応大学のペアはコンソレトーナメントで2回勝って準決勝まで進んでいた。

コンソレ1回戦の相手は3回勝って準優勝していた。

来年はオレの番だ!

 

年末の試合はどこか不完全燃焼で終わってしまった。

今年の打ち納めにしては、イマイチだったなと思っていると、部活くんから誘いがあって試合のあと練習することになった。

部活くんはラケットダンロップから流行りのスマートセンサーが付いているヘッドのラケットに変えてその機能をかっつんで試したいらしかった。

 

新しいことにどんどん挑戦する。その意気やよし。

打ち納めで完全燃焼だ。

ありがとう!部活くん。

 

新年はディアドラカップオープンミックスダブルス大会で幕開けの予定。

昨年のこの大会では元インカレや現役体育会とか区民大会準優勝とかのペアばかりで1勝もできなかったが、今年は1勝を目指してがんばるつもりだ。

 

 

 

 

 

コメント