2017年大井ファミリーシクラメンカップ1勝

日記

1勝

 

 

今日はこれが出来たことに尽きる!

1勝

あるとないとで明日からの仕事に対するモチベーションが違う。

テニスで負けてしまうと、全てがダメなんだ、と引きずってしまうところだった。

 

 

 

前置きはいいとして、

テニスクラブ大井ファミリー主催のシクラメンカップに参加してきた。

ペアはトップスピン体育会くん。

夏のビギナー大会では、いちおう優勝したから、今回は、なんというか、、、

 

中学を卒業したての2人が高校生の大会に参加する感じ?

 

のような初々しい気持ちでかっつんは試合にのぞんだ。

オープン大会は参加者のレベルが違う。

朝一の練習のときから聞こえてくるボールを打つ音が違う。

そして、年齢層が違う。

ビギナー大会にいたおじいちゃんおじちゃんデブ(笑)がいない。

あ、おじちゃんは、1人いました。

THEレジェンドかっつんです(笑)

まじ最年長でしょ。

 

第1試合

サウスポーのいかにもO型です、という感じの左門豊作のような人望がありそうな人と人間関係が上手くなさそうな青年ペア。

0-6で負け。

まったく自分の力が出せなかった。

力が出せたとしても負けはしたろうが、もう少しマシな試合が出来きたはず。

体育会くんはこの試合、リターンが調子がよくてアドコートのかっつんにリードで回してもらえるのに、リターンミスでチャンスをものにできない。

それがなんとも悔しい。

試合前の練習でコート確保に失敗し、スマッシュを一本を練習してなかったせいか、試合中ただ一度あったスマッシュのチャンスはフレームショット。。。

 

第2試合。

あとで動画を見ると、相手サーブ早いじゃん。

よく勝てたなぁ。

でも、第1試合になかった粘りが随所にみられるようになってきた。

第1試合で使ったトニックロンジビリティ45ポンドで張ったラケットは、ボールを掴む感覚が出なくて、思い切りスイングできなかったので、この試合からRPMブラスト45ポンド*42ポンドで張ったラケットに変えたのもよかった。

お陰で振り切っても入る、という安心感がでて調子が少しずつ出始めた。

相手の前衛に捕まってもいい気持ちでしっかり振り抜いていけば、ボレーヤーに捕まったとしても体育会くんがかなりの確率でカバーしてくれた。

6-2。

 

 

第3試合

ポイントが来るたびに、

 

ヨシポ!(よしポイントの意味だと思われる)

 

と2人で声を揃えて気合を入れるペア。

せーのっ、ヨシポ!

 

そんな2人の掛け声のかけ方を聞いていて、

オレもあれをやりたい。

と密かに思っていた。

クールな体育会くんは、一緒にやってはくれないだろうけど。

3-6

ワンブレイク差、チャンスはあった。

 

決勝トーナメント進出まであと1勝足りなかった。

オープン大会、歯が立たなかったわけではない。

あともう少しだ。

テニスではそのあともう少しが大変なことはわかっている。

来年も再来年も挑戦して、次は決勝トーナメント進出、その次は1回戦突破を目標にがんばっていきたい。

 

 

 

コメント