テニスクラブ大井ファミリー メンズサマー2017男子ダブルス初中級優勝!

日記

3ヶ月ぶりのブログ更新です!

 

テニスクラブ大井ファミリーのメンズサマー2017男子ダブルス初中級大会

 

優勝

 

リーグ戦

6-3

6-1

6-1

1位・2位トーナメント

1回戦  6-2

2回戦  6-1

準決勝 6-1

決勝  6-4

 

ひさしぶりの優勝。

初中級大会だから優勝して当たり前と思うかもしれないけど、素直にうれしい。

ペアはトップスピンの体育会くん

 

第1試合

クラブテニスっぽいおじさま軟式あがりのおじいちゃんとの対戦

おじいちゃん、前衛にいるときに反復横跳びのようにネット際を左右に行ったり来たりしてプレッシャーをかけてくる。

サーブもアンダーカットサーブを使ってきたりと、奇襲戦法。

こっちがミスをすると、「よっしゃっほ~い」と気合を入れる。

かっつんは、「おもしれぇっ」と思っていたが、体育会くんは冷めた目で一言、

体育会くん「そこまでして勝ちたいかね(笑)」

(;・∀・)

恥ずかしいことにアンダーカットサーブをミスったりして、6ゲーム終わって3オール。

応援に来ていた理事長は、この相手に負けたらこの二人をサークルから除名しようと考えていたらしい。

その後、冷静さを取り戻して3ゲーム連取して6-3で勝利。

 

第2試合、第3試合

危なげなく勝ち上がる。

 

決勝トーナメント

1回戦

真っ黒に日に焼けたサーファー風の兄ちゃんとグリップが薄めのオーソドックスなテニスをするペアとの対戦。

リーグ戦までと違っていいボールを打ってくる。序盤の競り合いを制してからは流れを引き寄せることができた。

6-2

 

2回戦

ネットぎわに浅く落ちたボールをバックハンドトップスピンで強打したら、相手の足に当ってポイント取れた^^

怪我をする距離ではないけど一応謝っておいた。

 

準決勝

センターコートで試合。

体育会くん劇場である。

バシコン、バシコン打ち込んで6-1で勝つ。

 

決勝戦

試合を観戦していて、このペアが決勝までくるだろうな、と予想していたとおりになった。

今までの相手とは違い、サーブがデュースサイドでリターンする体育会くんのバックに飛んでくる。

リターンがちょっとでも甘いと長身でボレーが上手い人のポーチにやられる。

ダブルス上手い人が使う、サイドに出すボレーだ。

ことごとくポーチにつかまり、最初のゲームを落とす。

0-1

体育会くんのサーブ。

デュースサイドを守る眼鏡のおじさんの方はほとんどノータッチエース。

アドサイドの長身の人の方も半分がエース。

たまに返ってきたリターンをかっつんがスマッシュで決める。

1-1

長身の人のサーブ。

準決勝を観ていて、すごくサーブがいいな、と思っていたとおり、キレのあるサーブを打ってくる。

しかし、かっつんのバックハンドリターンがことごとく、前衛の眼鏡のおじさんの左を抜くリターンエースで決まってしまう。

本当は振り遅れてたまたまサイドに飛んでたんだけど、試合中は、狙って打ったかのように、抜けるたびに

カモ~ン

と言ってみた(笑)

何10球、何100球と1本打ちで打ち込んだバックハンドは、左右にブレることはあっても距離と高さはコートに入るように飛んでいく。

ブレイクして、2-1

続くかっつんのサーブ。

デュースサイドの眼鏡のおじさんがかなりセンター寄りに構えている。

たぶん、準決勝のかっつんの試合を観ていて、サーブをバックにしか入れていないのがバレている。

そうゆうことならとワイドにサーブを打ってポイントを取る。

アドサイドはバックに入れて、体育会くんにポーチを決めてもらう。

3-1

このあと、眼鏡のおじさんのサーブをブレイクして4-1

そして、体育会くんのサーブ。

キープ率抜群だったからちょっと油断したか、かっつんのチャンスボレーのミスからまさかのブレイクで、4-2。

長身の人キープで4-3。

ここで、かっつんのサーブ。

キープして、5-3にして、次ブレイクして勝とう、と思っていたら、もつれて30ー40。

アドコートのサーブ。

バックハンドに目掛けてスピンサーブ。

ポーチに出た体育会くんの横をライジングスライスで打たれたボールが抜けていった・・・。

4-4

フォア側にもサーブを打って的を絞らせないようにするべきだったけど、このポイントは相手を褒めたいと思う。

最後の2ゲームは、ブレイクと体育会くんのキープで6-4

 

試合後、体育会くんは、4オールになったとき、負けるかもしれないと思った、よく勝てたな、と言っていたけど、かっつんは、試合中一度も負けると思っていなかった。

もともとの性格が強気っていうのもあるけど、冷静に試合を観察していて、体育会くんとかっつんのペアが実力では一番上、というのがわかっていた。

決勝戦で負けるとしたら、なにかの間違いというか、気持ちが弱気になったときだと思った。

はっきりいってこの日、フォアハンドの調子はボロボロで、ネットまでリターンが届かない、なんて場面もあった。

それでも、サーブとバックハンドリターンを中心に組み立てられたのは自信になった。

 

テニスクラブ大井ファミリーのコーチにも、

次はオープン大会ですね、と言われたけど、12月のオープン大会にはまた体育会くんと組んで参加してみようと思う。

 

 

最後に主催者のテニスクラブ大井ファミリーの方々にありがとうと言いたい。

あと、差し入れしてくれた三ツ矢サイダーさんと優勝賞品のお米をくれた米のなかのさん。

大会に参加して2年になるけど、みんなでワイワイやって、手作りのおにぎりと味噌汁いただけて一日中勝っても負けても!楽しく遊べる大会はなかなかない。

(理事長と組んだときはことごとく負けている)

これからもよろしくお願いします♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント